2006年05月23日

Linuxは、宝の山

ここの所、毎日、Linuxに奮闘している!
社内で、プログラムのソースファイルをサーバーに置いてSVN(subversion)というツールで、バージョン管理をしようとしているのだけど

SVNがなかなか良い機能だ
これがオープンソースなんて、信じられない

プログラマーを目指すならば、英語を勉強して、Linuxをいじり倒し
プログラム開発を勉強すれば、それだけでも高いスキルになると思う

Linuxのhowtoファイルを読むといろいろな事が書かれていてワクワクしてくる。

例えば、Linuxで、ルータやサーバの構築やデバイス開発、組み込み、クロス環境等の情報もインターネットを使えば、ある程度は、出てくるし、ほとんどオープンだ。

もし、Microsoft Windows等の開発環境を構築するとしたら、一体幾ら必要だろう?

本当、Linuxは、宝の山なのだ!
posted by コヤマッチ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。